FC2ブログ

Entries

線守稲荷神社(せんもりいなりじんじゃ)

2011年8月14日(日)
今日はこの前永井さんが見つけた線守稲荷神社(せんもりいなりじんじゃ)に行ってきました。
IMG_2365.jpg

この神社は神奈川県足柄上郡山北町にあります。御殿場線の山北駅と谷峨駅の間にある駒の子という場所です。


今日は御殿場から来たので国道246号線の丹沢湖入り口の清水橋を過ぎて二つ目の信号を左に曲がって旧道に入りました。その先に右に降りられる道があったので入ってみました。
橋があります。その先に御殿場線の鉄橋がありました。ちょうど電車が走ってきました。
IMG_2329.jpg

この道をそのまま行ったら行き止まりでした。
また御殿場線の鉄橋があります。よく見ると鉄橋の横に古い橋脚があります。
これは大昔御殿場線が東海道線だった頃、複線のもう一本(一組)の線路の鉄橋の跡だそうです。
IMG_2337_20110816144611.jpg


あれ、神社に行くのになんだか寄り道しちゃいました。
さっきの道を戻ってまた246号の旧道に出ました。少し行くと右側に3軒位のお家があって、その先に右に降りる道がありました。
その道は人が歩けるだけの狭い道で途中は階段になってます。そこを降りると線守稲荷神社があります。

今見えているのは旧線(東海道線だった頃の複線のもう一本)の箱根第2号トンネルです。
このトンネルのちょうど真上に神社があります。
IMG_2400.jpg

神社の境内です。この日は日差しが強くてとっても暑かったので、木陰が涼しくて気持ちよかったです。
IMG_2382.jpg

この神社の由来が入り口の鳥居の横の看板にかいてありました。
IMG_2419.jpg

字が小さくて読みにくかったらウィキペディアでどうぞ → 線守稲荷神社

キツネさんが線路を守っているんですね。
だから境内に線路のレールが鳥居みたいに立っていたんですね。
IMG_2379.jpg

これが線路のレールです。赤いペンキが塗ってあると神社の境内にあっても全然違和感がないですね。
IMG_2406.jpg

お参りを済ませて下のトンネルの方に降りてみました。
わたしたちの後ろの向かって左側が現在の御殿場線のトンネルです。右側が旧線のトンネルです。
IMG_2461.jpg

この神社が建てられた頃は明治時代で、まだキツネさんや狸さんたちが化けて出たりして、なんだかまだゆっくり時間が流れていたんじゃないかなって思います。




あ、今日撮影から帰ってきて気が付いたんですが、わたしのお気に入りのツゲのくしが無くなっちゃいました。

ひょっとしてキツネさん?

------------------------------------------
撮影後記:現在の御殿場線は単線ですが、昭和9年に東海道線の丹那トンネルが開通するまでは東海道線でした。
複線の線路はその後も残っていたそうですが、第二次大戦中に横須賀線を久里浜まで延長するために、この御殿場線の複線のレールを外して使ったそうです(私の父談)。
今回の撮影は自転車で行ったので駐車スペースが不要だったのですが、線守稲荷神社は駐車スペースがありません。バイクか自転車か徒歩で行きましょう。

余談ですが、旧線のトンネルを自転車で通ってみましたが、真っ暗で水溜りも多くあり、結構大変でした。
さらに国府津寄りの出口まで行ったのですが、前回は開いていたのですが、今回は金網のゲートに鍵が掛かっており、国道246号線旧道には出られませんでした。
結局また真っ暗な旧線のトンネルを戻りました。
旧線のトンネルは数箇所の退避口で現在の御殿場線のトンネルとつながっているので、列車が通ると結構な音が響いてビビりました(汗




スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://selen3460.blog60.fc2.com/tb.php/169-e6c41981

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

如月瀬恋

Author:如月瀬恋
DD(ドルフィードリーム)の如月瀬恋(きさらぎ せれん)、SELEN’S(セレンズ)の店長です。                                   ★DD(ドルフィードリーム)は「創作造形(C)ボークス・造形村」製のお人形です。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索